太らない脂の摂り方とは?

■エネルギーになる油と体を作る油

油とは正確に言えば「油脂」のことで、常温で固形のものを「脂」と言い、液体のものを「油」と言います。
人間の体には大きく分けて二つのエネルギーがあります。
一つは糖(炭水化物)をエネルギー
もう一つは脂肪のエネルギーです。

乳製品

常温で固形の「脂」は「飽和脂肪酸」で、融点が高く、酸化もされにくいのが特徴です。
飽和脂肪酸を含んだ食べ物は動物の脂肪が多く、牛、豚、羊、鶏肉や乳製品のバターです。
しかし、植物油の中でも、ヤシ油、パーム油、ココナッツ油、綿実油が飽和脂肪酸です。
飽和脂肪酸は炭水化物(過剰に摂取した糖質)などからも体内で合成されます。

・毎日必ず摂りたいもの

肉、魚、卵、大豆、葉野菜、きのこ、果物、アマニ油・エゴマ油(オメガ3脂肪酸を含む油)、牛乳・ココナッツオイル(中鎖脂肪酸を含むもの)。


体内で主として「エネルギー源」になるのは「糖質」が胃や腸で消化されてできる「ブドウ糖」と「飽和脂肪酸(脂質)」が肝臓で代謝されてできる「ケトン体」です。

人間の細胞は「ハイブリットカー」と同じように「ブドウ糖(ガソリン)」だけでなく「ケトン体(電気)」でも活動できるのです。
余分なブドウ糖は中性脂肪になって身体に蓄積されますが、余分なケトン体は呼気や尿から体外に排出されますので、脂質が燃焼しやすくなると太らない体質に変わることができます。

オリーブ油

これに対し、液体の「油」はオレイン酸やリノール酸、αリノレイン酸などの「不飽和脂肪酸」で、酸化されやすいのです。
しかも融点が低く液体なので、サラダ油(精製された植物油)や青魚などに含まれる魚油などは不飽和脂肪酸であることがよく分かります。
不飽和脂肪酸は、神経細胞が成長し機能するためには必須で、とりわけDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などのαリノレイン酸系の多価不飽和脂肪酸と、 アラキドン酸などのリノール酸系の多価不飽和脂肪酸は、細胞膜を新鮮にみずみずしくするので、脳に必須のものです。


これらの多価不飽和脂肪酸が神経細胞の膜にバランスよく取り込まれことで、「脳」が働き、「こころ」が生まれ、頭の働きが良くなります。
また、脳だけでなく全身の細胞を包む細胞膜や身体の維持に欠かせない「ホルモン」も不飽和脂肪酸が原料になっています。
不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸と違って体内で生成することができないため、食べ物から摂取しなければならないので「必須脂肪酸」と呼ばれています。

Page Top